ゆとりだとかさとりだ
とか言うけれど、
平成生まれの女は
ちゃんとワガママだ。

平成女は、不況しか知りません。
それでも世の中はじゅうぶん豊かで、
物は足りていました。
むしろ、溢れかえるモノの中から
“私が欲しいモノ”を見つけるほうが
大変です。

平成女は、ナンバーワンに
なりたいのではありません。
「個性を伸ばせ」と言われ、
十人十色の多様な価値観に囲まれて
育ちました。
だからカラフルな集団の中でもキラリと光る、
私だけの色が欲しいんです。

平成女は、足りないからモノを
買うのではありません。
“憧れの自分”になるためにモノを買います。
どんなに便利なモノも、
どんなに美しいモノも、
憧れなければ要りません。

平成生まれの女性クリエイター集団「平成女研究所」は
平成女の物欲を刺激します。
物欲を生む“憧れ”の材料は、共感する物語。
物語のある広告で、ワガママな女心を射抜きます。

制作分野


ゆとり・さとり世代の女性が憧れを抱く
「美容・ファッション・ライフスタイル」
を中心に、物語のある広告を制作します。

美容イメージ

美容

化粧品、サプリ、美容機器など

ファッションイメージ

ファッション

服、靴、バッグなど

ライフスタイルイメージ

ライフスタイル

雑貨、食器、家電など

制作事例


まるで小説のような広告で、物欲を呼びさます。
共感するストーリーが宿ったクリエイティブは
「拡散力を持つコンテンツ」です。

Sample 1 イメージ

Sample 1 Maternity Room Wear

母になったら、女は捨てなきゃダメですか。

胸は小さいけど、キュッと締まった
ウエストが自慢だった。
でも妊娠したら、大事に守ってきた
くびれがなくなった。
体の曲線が、私の“女らしさ”だったのに。

「お母さんになるんだからしょうがないよ」
と言われた。
母と女は両立できないのだろうか。
母が女でいることは、はしたないんだろうか。

淡いパステルカラーのパジャマを着て、
リボンのついた裾をひらひらさせた。
ずっしり重いおなかが、ふんわり優しく見える。
ああ、私は女だ。よかった。

Sample 2 イメージ

Sample 2 Hair Oil

咲き乱れる髪、花盛りの私

「もうアラサーだね」なんて言う奴は大嫌いだ。
何の生産性もない、つまんない台詞。

お気に入りのヘアオイルをひと塗りすると、
私の髪はパッと花咲く。
艶に満ちた髪から、咲き乱れた花の香り。

髪の潤いは若さを凌ぐ。
浅はかな年齢主義者は、私の生命力に敵わない。
私は今が花盛り。

制作スケジュール


スケジュールアイコン

①お問い合わせ

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

スケジュールアイコン

②ヒアリング

商品の特徴やターゲット、広告の目的などを伺います。

スケジュールアイコン

③ご提案

ヒアリング内容をもとに考案した企画をご提案します。
(3案まで)

スケジュールアイコン

④撮影・制作

女性クリエイターチームが撮影・制作を行います。

スケジュールアイコン

⑤納品

平成女の共感を得る広告を制作し、納品します。

期間限定価格


画像+キャッチコピー+
ショートストーリー+
平成女研究所SNS(Instagram、Twitter、note)でのPR

1点:18万円→9万円
3点:30万円→15万円
6点:50万円→25万円

※企画・撮影・構図のご提案・画像修整(レタッチなど)を含みます
※再撮影は承っておりません
※納品データは自由にご利用ください

今春のみ50%OFF!
お問い合わせはこちらから

メンバー


萩原 かおり 写真

萩原 かおり

クリエイティブディレクター・
コピーライター

平成2年生まれ。人材広告会社、化粧品会社、社史制作会社でマーケティングや制作を経験したのち独立。輸入雑貨を扱うECサイトの立ち上げを行い、売り上げを5倍に伸ばす。LP・メルマガ・Webサイトの企画制作からブランディング・ネーミングまで幅広く活動中。心理カウンセラー・ビューティー心理セラピストの資格あり。
HP  Twitter  Instagram  note

吉間 小季乃 写真

吉間 小季乃

デザイナー・スタイリスト

平成2年生まれ。ファンコミュニティ運営・空間スタイリング・Web制作・アプリ開発などの実績があり、現在はSNSマーケティングアシスタント兼デザイナーとして勤務。北欧雑貨店やチョコレートショップなど、海外人気ブランドのInstagramアンバサダーを多数務める。ウェディング空間デザイナー・バースデープランナーとしても活躍中。
Instagram

荒川 千波 写真

荒川 千波

フォトグラファー

平成4年生まれ。東洋美術学校卒。都内の撮影スタジオにてスタジオアシスタントとして勤務したのち、カフェのプロモーション撮影を行って人気店に。雑誌編集プロダクションにて撮影ディレクション・編集を担当し、カメラマンの直属アシスタントを経て独立。自然光を活かした人物撮影を得意とし、飾らない素の表情を切り取る。
HP

お問い合わせ


下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

TOP